cloud cloud

クラウドコンピューティングの普及

近年、クラウドコンピューティングは爆発的に普及しています。
企業において、システムの新規構築や更新を考える際にまずクラウドを検討する「クラウドファースト」の動きは顕著になっています。
また、スマートフォンなどの普及により、個人のクラウド利用も進んでいます。
クラウド活用が、新しいサービスや事業展開など、新たな価値を生み出します。

クラウド活用が、企業や私たちに様々な利点をもたらします。

クラウドの導入により、企業ではコスト削減、システムの柔軟化、BCPへの対策などが期待されます。
また、個人においては、手元の端末からクラウド上のデータやアプリケーションソフトウェアに接続することができ、異なる場所や異なる端末からでも、同じデータやソフトウェアを利用することができます。バックアップ先としての活用や、大容量ファイルの送信や共有にも活用できます。

クラウドを活用してあらゆるシーンで
「新たな価値」を創造します

  • 無駄のないランニングコストを実現

    無駄のないランニングコストを実現

    従来はサーバーに多額のコスト投資が必要でしたが、リソースの使用分のみコストを必要とするため、コスト削減が期待されます。
    また、必要に応じてリソースの増減を行うことが可能となり、最大のインフラ容量の予測が不要となります。

  • オムニチャネルでショッピングを便利に

    オムニチャネルでショッピングを便利に

    いつでも、どこでも、欲しいときに商品・サービスを利用できます。
    商品を店舗や通販サイトなどあらゆる場所から注文・購入でき、さらには近くの店舗では在庫切れの商品を取り寄せる、といったことも可能となります。

クラウド社会の実現を目指す
NTTデータMSE

クラウドコンピューティングを実現するためには、仮想化技術、分散処理技術、大容量データベース技術、Webアプリケーション技術、ユーザ認証技術やセキュリティ技術など、さまざまな要素技術が必要です。
NTTデータMSEでは、クラウドコンピューティングを実現するテクノロジーに取り組んでおります。

TECHNICAL FIELD

さまざまな技術分野を利用して、情報を届けます。

TECHNICAL FIELD
TOPへ戻る