組み込みLinux性能検証

組み込みLinux(Embedded Linux)はスマートフォン、カーナビ、テレビ、ネットワーク機器、FA機器、医療機器など様々な組み込みシステムに搭載されています。
組み込みLinuxはサーバなどの汎用的なLinuxと異なり、リソースの管理や搭載機器への最適化などを必要とします。また、高いリアルタイム性能が求められます。


当社はLinuxカーネルレベルでの応答性能を改善する様々な技術や仕組みを保有しています。

  • 詳細性能測定と可視化

    当社独自の組み込みLinux性能Profileツールを活用し、任意のトレースポイントでのチェックやCPU使用状況を測定する事が出来ます。

  • ボトルネックの原因を抽出

    組み込みLinux性能劣化原因パターン(当社のこれまでの事例群)と照らし合わせたり、測定結果の解析を行い、ボトルネックの原因箇所をリストアップすることが出来ます。

  • 対象機器に最適なKernelリソースの設定
  • Linuxのプロセススケジューリングを加味した設計
  • Linux起動高速化
  • ログ解析、デバッグ手法
  • インテグレーションの自動化
  • 大規模開発プロセス

LIST

TOPへ戻る