social social

ソーシャルサービスによるコミュニケーション活性化

ソーシャルサービスが急激に普及し、誰しもが広範囲に情報を受発信できる社会となっています。
人と人との繋がりを促進しサポートすることで、新たなコミュニティが形成され、より密接な人間関係も生まれます。
また、積極的な情報発信や社内のコミュニケーション活性化のため、企業内においてもソーシャルサービスが浸透してきております。

ソーシャルサービスを活用することで、新たな価値の創造がもたらされます。

ソーシャルサービスは、その情報発信と収集の手軽さから、個人の真意や考えを可視化する手段として活用されています。
個人間や組織の中で、コミュニケーションを活性化する潤滑剤としてその役割を発揮し、意思統一や情報共有を促す効果が期待できます。

ソーシャル活用し、あらゆるシーンで
「新たな価値」を創造します

  • より迅速かつ正確な消費者ニーズの把握

    より迅速かつ正確な消費者ニーズの把握

    消費者ニーズの収集は、アンケート用紙に代表されるよな収集形態が主流でしたが、ソーシャル活用によって大量のサンプリングが容易に可能となます。
    また、消費者の生の声や特性を得るマーケティングツールとして、高度に商品価値を分析、販売促進することも可能となります。

  • 社内ソーシャル活用による情報共有

    社内ソーシャル活用による情報共有

    従来のメール連絡や定型的な報告書に代わり、社内ソーシャル活用によって組織や階層の壁を越えた情報共有が可能となります。

新たな情報共有社会の形成を目指す
NTTデータMSE

ソーシャルサービスを実現するためには、情報通信技術、情報分析技術、モバイルアプリケーション技術、Webアプリケーション技術など、さまざまな要素技術が必要です。
NTTデータMSEでは、ソーシャルサービスを実現するテクノロジーに取り組んでおります。

TECHNICAL FIELD

さまざまな技術分野を利用して、情報を届けます。

TECHNICAL FIELD
TOPへ戻る