INTERVIEW
インタビュー

INTERVIEW 03
車載機をベースに、
他のオートモーティブビジネスにも関わり、
将来的にはグローバルに活躍できるITエンジニアへ。
2015年入社
デンソー事業本部
不破 優介
前職の仕事内容
アミューズメントマシン開発のプログラマーとして主にC言語を用いたLED制御プログラムを担当。とにかく新機種開発のサイクルが早く、次々と新しいマシンの開発をスピーディに効率よく行うという毎日の中で、プログラミングスキルを磨き続けました。また、アセンブラプログラムの仕様書作成なども手がけ、上流工程にも関わり、設計・製造プロセス全体を統括する開発リーダーも経験しました。
転職活動していた理由
同じ開発サイクルが延々と続くという状況に限界を感じるようになり、転職を考え始めました。そんな折、会社が倒産。まさに私にとっての転機となり、新天地探しをスタートさせたのです。新天地に望む条件は
①プログラマーとして働けるところ
②地元・愛知県で働けるところ
③幅広い開発テーマに挑んでいる、あるいは挑もうとしているところ。
広くIT業界を見渡しながら、第2のキャリアスタートの場を探しました。
MSEとの出会い

オートモーティブ領域における先進プロジェクトの一員になりたい!
と思ったのがいちばんの入社動機。

転職エージェントに紹介されて出会い、まず、すべての条件を満たしていることで興味を持ちました。そしてMSEの中部事業部が発足してから1年というタイミングで、チャレンジングな空気に満ちており、ここでなら面白い仕事ができるかもしれない、そんな期待感もあって、入社を決めました。
特にオートモーティブ領域における先進プロジェクトが動き始めていて、ぜひその一員になりたい!と思ったのがいちばんの入社動機です。入社後の印象は、とにかく優秀な人が多いということ。わからないことがあれば、優秀な先輩たちに気軽に聞ける雰囲気があり、実務を通じてどんどんスキルアップしていけるのがいいですね。また、フレックスタイム制度を活用して、比較的自由なスタイルで、マイペースで働けるのもいいところ。前職が追われるようなスケジュールで動いていたので、精神的にも肉体的にもゆったりと働ける環境が何より心地いいと感じています。ほんとうに最適なリスタートが切れたと思っています。

現在の仕事内容

共通プラットフォームのプロトタイプを使って、 次期モデルに向け車載器の開発に挑む。

カーナビゲーションなどの車載機プラットフォームの開発を行っています。車載機開発における期間やコストが増大しているという問題を解消すべく、車載機向けの共通プラットフォームを開発するプロジェクトに参画。プラットフォーム開発は自動車メーカーが主体となり進めており、そこにMSEからも私含めて10数名が加わり、自動車メーカーに出向するカタチで業務を遂行するという貴重な機会をいただいています。
また、当社の他にも、車載機メーカー、部品メーカー、ソフトウェア会社などからの出向者もいて、総勢50名以上のプロジェクトです。現状、プラットフォームの試作を私たちMSEのメンバーが中心となって進め、今後は試作の完成度を高め、使える目処がたったら、この共通プラットフォームのプロトタイプを使って、次期モデル向け車載機の開発がスタートする予定になっています。

見据えるキャリア

この運命の導き、この良縁に感謝して、 ここMSEで自分の可能性を最大化するトライを。

共通プラットフォームのプロトタイプが評価されれば、引き続き私たちが中心となって自動車メーカーとともに正式なプラットフォームの開発ステージへ。要件定義から開発へ、そしてその後も機能追加やリニューアル、そしてメンテナンスも手がけていくことなります。また、MSE本社のプラットフォーム戦略室との連携で、車載プラットフォームの事業化、次世代オートモーティブビジネスの創造、さらにはグローバルビジネス構築の可能性も探っていくことになります。
そんな展開を視野に入れ、今後は車載機をベースに、他のオートモーティブビジネスにも関わりたい、できるならばグローバルに活躍できる仕事にも果敢に挑みたいと思っています。さらにNTTデータの海外拠点との連携ビジネスも動き始めていることにも興味があり、チャンスがあれば、その流れにも乗りたいです。そのためにはITエンジニアとしての自分の強みを持ち、英語力にも磨きをかけなければ、と考えています。
いずれにしても転職によって大きく変わった環境の中で、最大限の努力、最大限のチャレンジをしていくことが今後の私の変わらないテーマです。リスタートで得た絶好機ですからね。この運命の導き、この良縁に感謝して、ここMSEで自分の可能性を最大化するトライをしていくつもりです。


PAGE TOP