INTERVIEW
インタビュー

INTERVIEW 01
MSEにしか実現できない独自の技術をもって、
オートモーティブ領域に不可欠の存在になっていく。
その流れを主導したい。
2017年入社
第一IoTビジネス事業本部 サービスプロダクト部
田中 和樹
前職の仕事内容
大手通信キャリアの交換機制御機能の開発および保守プロジェクトで、設計・製造・試験を担当。その後、官公庁向け業務システムの機能追加開発、次期システムへの移管に伴う機能改修プロジェクトで設計・試験を手がけました。比較的大規模なプロジェクトが多く、担当もある一部分のみという面があり、プロジェクトの全体像が見えない分、達成感という面において少々ストレスを感じていたかもしれません。
転職活動していた理由
転職のきっかけは、プログラミングやテストが中心となり、もっと上流工程に関わりたい!と思ったから。そして転職の理由は、ステップアップのためです。転職先へのこだわりは、次の3つの軸。
①オートモーティブ分野に力を入れているか
②幅広い分野に精通しているか
③収入の増額が見込めるか…
この3軸をすべて満たしつつ、さらには自分が成長できる場であるかどうかを見極めながら、新天地を探しました。
MSEとの出会い

さまざまな分野での開発実績を積み重ねており、
将来的にもさらに開発の幅が広がっていくと思えた。

出会いは、転職エージェントからの紹介です。入社の決め手は、3つの軸を満たしており、開発テーマもプロジェクトも多彩で、いろんなタイプのエンジニアもいて、ここでならきっとステップアップできる!と確信できたから。また、前身がパナソニックグループであり、現在はNTTデータグループで、デンソーの資本参加もあって、さまざまな分野での開発実績を積み重ねており、将来的にもさらに開発の幅が広がっていくと思えたので、迷わず入社を決めました。
入社後の印象も良い点が多いですね。オンとオフの切り替えがはっきりしており、有休も取得しやすく、働きやすさは前職と比べると、歴然です。新たなオフィスも次々と加わり、そのインテリアもお洒落で格好よく、職場の心地よさも群を抜いていると思います。業務外でもレクレーション活動が盛んで、社員同士の交流があり、風通しのいい社風です。遊びにおいても全力で楽しむ。その伝統が気持ちいいですね。

現在の仕事内容

電気自動車に搭載する、バッテリーの制御アプリケーション開発プロジェクトに挑む。

入社後まず、車載機とスマートフォンの連携アプリにおけるセキュリティ機能の研究開発を担当。早速、希望であるオートモーティブ領域の仕事に携わることができ、充実の日々を過ごしました。そして現在は、電気自動車に搭載するバッテリーの制御アプリケーション開発プロジェクトで、要件を詰めるところから、設計・試作、そして単体試験および結合試験までを一貫して手がけています。処理速度アップや負荷低減などバッテリーの持ちを良くするための制御を考え、それらを評価ボードに実装して、テストを行い、その性能結果をお客様にフィードバック。要件折衝を繰り返しながら、目標値のクリアを目指しています。まだまだ限界値は先で、さらなるトライアルが続きます。 一つのテーマに対して少数精鋭のチームで挑み、開発プロセスのすべてに関われるのが今の仕事の面白さです。アプローチ方法が幾つもある中で、自分が発案した方法でトライでき、それが好結果であれば、採用されるという流れは、ITエンジニアとしては理想的です。だから今、私のモチベーションは最高潮にあります。この状態を維持しながら、次々と革新的な開発成果を残していきたいと思います。

見据えるキャリア

自ら着想した開発テーマに挑むプロジェクトを立ち上げ、それをMSEの未来を切り拓くような事業柱へ。

オートモーティブ領域での開発テーマの幅はこれからさらに広がっていきます。車載機、コネクテッドカー、スマートカーソリューション、自動運転など、現にMSEにおいても未来を見据えた取り組みも始まっています。私としては今後もオートモーティブ領域での開発に携わっていきたいと思っています。受託開発のみならず、自動車メーカーにとっての重要な開発パートナーとなって、MSEにしか実現できない独自の技術をもって、オートモーティブ領域に不可欠の存在になっていく。その流れを主導できるくらいの活躍をすることが私の目標です。
また、開発リーダーからプロジェクトリーダーへ、そしてプロジェクトマネージャーへのステップアップも着実に果たしていきたいと考えています。そして将来的には自ら着想した開発テーマに挑むプロジェクトを立ち上げ、成功へと導き、それをMSEの未来を切り拓くような事業柱にすることが私の夢です。


PAGE TOP