「SmartDeviceLink™ Consortium」に加盟

 株式会社NTTデータMSE(以下、当社)は、スマートフォンのアプリケーションをクルマのヘッドユニットに接続するためのオープンソースプラットフォーム「SmartDeviceLink(以下、SDL)」の管理、発展のために設立された非営利団体「SmartDeviceLink Consortium(以下、SDLC)」に加盟しましたので、お知らせします。

 SDLにより、ユーザはクルマのタッチパネルや、音声認識機能を通じてスマートフォンのアプリケーションを操作することができるようになります。

 当社は2017年より、SDLを用いた研究開発に着手し、その成果を各種イベントでの講演やデモンストレーション展示を通じて発表して参りました。今後も、当社の強みであるIoTサービス・ソリューションや組み込み技術を元にして、SDLのさらなる発展に貢献して参ります。

 これからの社会は、いろいろなものが手軽にネットワークにつながり、私たちの暮らしにこれまでにない利便性、経済性、安全性などがもたらされます。当社はこのような社会を「Smart Life Community®」と呼んでいます。この実現に向けて、今後も様々なIoTサービス・ソリューションの提供や、要素技術の修得に日々取り組んで参ります。

TOPへ戻る