Automotive Grade Linux™ All Member Meeting ブレイクアウトセッション・デモンストレーション出展

 株式会社NTTデータMSE (以下、当社)は、2018年10月17日(水)よりドレスデン (ドイツ)で開催される、The Linux FoundationⓇ主催のAGL All Member Meeting (以下、AMM)にて、技術講演およびデモンストレーションの出展を行います。

 ブレイクアウトセッションでは、当社、Connected Strategy Office 課長 今村 浩人と 課長代理 宮田 浩一が、これまで行ってきたSmartDeviceLink™ (以下、SDL)の取り組みの紹介と、新たに対応したSDLアプリケーションのリモート権限管理機能の実装に関して講演いたします。また、リモート権限管理機能をAGL Unified Code Base (以下、AGL UCB)上に初めて実装したデモンストレーションを展示します。

開催概要
会期2018年10月17日(水)~10月18日(木)
会場Hilton Dresden
https://www3.hilton.com/en/hotels/sachsen/hilton-dresden-DRSHITW/index.html
URLAutomotive Grade Linux
https://www.automotivelinux.org/
The Linux Foundation
https://www.linuxfoundation.jp/
AGL All Member Meeting公式サイト
https://events.linuxfoundation.org/events/agl-member-meeting-europe/
講演概要
講演時間2018年10月17日(水)13:55~14:45
講演者Connected Strategy Office Connected Strategy Section
 課長   今村 浩人
 課長代理 宮田 浩一
タイトルRealization of a remote privilege management for SDL-enabled applications with SDL Policy Server
講演内容当社がこれまで行ってきたSDLの取組み成果の紹介とSDLアプリケーションのリモート権限管理に対応する中で、実際に発生した課題への解決策を紹介します。
URLhttps://sched.co/Gclr
出展概要

図1. 出展概要


 スマートフォンにインストールされたSDL対応アプリケーションの権限管理を行うSDL Policy Serverを構築し、AGL UCB (車載情報機器) にも関連機能の実装を行うことで、リモートから権限管理を行うシステムを実現致しました。
 本システムにより、サーバ側から特定のSDL対応アプリケーションに対し、車載情報機器上で起動可否設定や、取得できるデータのアクセス権限を制御する事が可能になります。
 SDL Policy Serverを用いることで、より安全にSDL対応アプリケーションを導入することが可能になります。
 デモンストレーションでは、SDL Policy ServerからSDL対応アプリケーションの権限を操作することで、車載情報機器上での動作の変化を実演します。

 NTTデータMSEでは、コネクティビティを中心に新たなデモンストレーションの実施や新機能の実装、他企業様とのコラボレーションなどを通じて、AGLの実用化および商用化に貢献していきます。

* ここに記載されている企業名、製品名、ロゴは、各企業の商標または登録商標です。

TOPへ戻る