Automotive Grade Linux™ Showcase at CES 2019 デモンストレーション出展



今年も早いもので来年のCESのご案内をさせていただく時期となりました。

ラスベガスで開催するCES 2019にご来場の際は、ぜひ Automotive Grade Linux (AGL) デモショーケース内 株式会社NTTデータMSE ブースにお越しください。場所はThe Westgate Hotel Pavilion, booth 1614です。AGL展示フロアは、2019年1月8日(火)から11日(金)まで一般公開されます。

弊社は、2つのデモンストレーションを展示いたします。

(1) Application Examples of SmartDeviceLink™ (SDL) Implemented on AGL:

SDLの機能を利用して取得した車両情報を活用し、ドライバーの運転を阻害する要因を排除(ドライバーディストラクション対策)したり、SDL Policy Serverと連携して、SDL対応アプリケーションの権限を管理します。

(2) Head mount type AR Navi that incorporates and utilizes SDL and Edge AI on AGL:

複数の技術(SmartDeviceLink(SDL)、Augmented Reality(AR)、Artificial Intelligence(AI)とヘッドマウントディスプレイ(HMD)を組み合わせ、車内で活用可能な新しいUI・UXの実現性を検証するためのデモシステムを構築しました。


また、弊社は1月8日(火) 6:00 - 8:00 pm (現地時間) に行われるAGLイブニングレセプション&デモショーケースにも参加いたします。同レセプションはスペースに限りがあるため、招待状が必要となります。参加ご希望のかたは、こちらから招待状のリクエストをお願いいたします。

ラスベガスでお会いできるのを楽しみにしています。

TOPへ戻る