尿から健康状態を見える化し行動変容を促す実証実験
「健康見える化プロジェクト」4 月より開始

株式会社ファーストスクリーニング 株式会社NTTデータMSE 小林製薬株式会社

尿から健康状態を見える化し行動変容を促す実証実験 「健康見える化プロジェクト」4 月より開始
ファーストスクリーニング、NTT データ MSE、小林製薬等が参加

 株式会社ファーストスクリーニング(代表取締役:金澤洋平 以下、FSC)、株式会社 NTT データ MSE(代表取締役社長:都築秀範 以下、MSE)、小林製薬株式会社(代表取締役社長:小林章浩 以下、小林製薬)の 3 社は、尿から健康状態を見える化し、健康意識を高めて行動変容を促す実証実験「健康見える化プロジェクト(以下、本プロジェクト)」を 2022 年 4 月より順次開始いたします。


 今回、FSCは数滴の尿から尿中の成分を測定するセンサー「ハカレルシリーズ」を開発しました。本プロジェクトの参加者は、このセンサーを使用し、毎日の健康状態を専用アプリで管理します。普段の生活に健康管理食や運動といった健康活動を取り入れ、その成果を数値で実感することで、さらに前向きに健康活動に取り組む状態へつながるかを確認します。

 本プロジェクトで得られた成果を活用し、小林製薬は FSCの技術をベースとした「ハカレルシリーズ」の一般発売、MSEはサービスの展開を目指し、取り組んでまいります。

【概念図】

概念図.png


〈本プロジェクトの狙い〉


 我が国の医療・介護費は年々増え続けており、深刻な課題となっています。自らで健康を維持する"予防対策"の確立が求められる中、医療・健康分野では、人から強要されるのではなく、自発的に好ましい行動を促していくことが重要となっています。また、医療・健康分野のデータを有効利用し、自ら健康管理に役立てていく「データヘルス改革」も注目を集めています。
 本プロジェクトでは、自身の健康状態を数値で見える化し健康活動の成果を実感することで、生活者の健康意識が高まり自発的な行動変容が促されるのかを確認します。


〈本プロジェクトの概要〉


1.実験内容

 被験者の方には、FSCが開発した尿成分を測定するセンサー「ハカレルシリーズ」を使用し、毎日の健康状態を専用アプリで管理していただきます。実施期間中、健康管理食等の摂取、アプリから提案される健康運動などを取り入れていただき、活動成果を数値で確認いただきます。実験終了後に、被験者の意識や行動にどのような変化がおこったのかを確認します。

2.実施期間(予定)

 以下の対象成分ごとに 56 日間実施
 尿酸、尿糖      :2022 年 4 月より順次開始
 ナトリウム/カリウム :2022 年 5 月より順次開始

3.被験者

 一般募集による健常者約 200 名以上

4.参加企業・団体一覧

参加一覧.png




5.実験で使用するもの

 ●尿成分を測定するセンサー「 ハカレル シリーズ 」
 測定器にスティック装着し、尿を数滴かけることで、尿中の「尿酸・尿糖・ナトリウム カリウム」が測定でき、スティックは使い捨てで衛生的に使用することができます。
 測定データはクラウド上で解析・保存され、スマートフォン等の端末で確認や管理することができます。

 【特徴】
 これまで、自宅で 食事や運動等の健康活動の成果を確認するには、体重や血圧測定などが一般的でした。
 「ハカレルシリーズ」では健康情報の宝庫と呼ばれる体の内側から排出された尿を用いて、健康状態を簡単に、より具体的に見える化することができます。

 【イメージ図】
イメージ図.png


 ●採血キット
 本実験では、日常的な尿成分の測定に加え、比較のために採血キットを用いた血液成分も測定します。

 ●健康活動(一例)
 被験者は健康管理食の摂取を中心とした、以下の健康活動に取り組みます。
  ・健康管理食(お弁当)
  ・サプリメント
  ・健康運動※、健康レシピの提案(アプリ内)
 ※健康運動: 自身の心と身体の健康状態に目を向け、目的をもって取り組む身体活動

健康管理食イメージ1.png 健康管理食イメージ2.png


※健康管理食のイメージ 「株式会社 武蔵野フーズ 健康美膳」




<報道関係の方からのお問い合わせ先>

株式会社ファーストスクリーニング 【担当:坂入】
 〒151-0053 東京都渋谷区代々木 1 丁目 30 番 14
 天翔オフィス代々木ANNEX312
 電話: 050-3559-1319

株式会社NTTデータMSE【担当:佐藤、齋藤】
 〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町 3-1
 コンカード横浜 12F
 電話: 050-3823-3000

小林製薬株式会社 広報・IR 部
 広報1グループ(大阪):06-6222-0142 広報2グループ(東京):03-5602-9913

TOPへ戻る