NTT DATA MSE ロゴ

STAFF

社員紹介

お客様の経営戦略の根幹となるようなシステムの
開発プロジェクトにどんどん関わっていくこと。
それが私の将来目標。
2015年入社
システムエンジニア
川上 江里子
Eriko Kawakami
ERIKO KAWAKAMI
私の仕事
総合ショッピングECサイトのシステムテスト支援。

「実店舗やオンラインストアをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合して、どのチャネルからも同じように商品を購入できる環境を実現する」いわゆるオムニチャネル戦略の一環で構築されるECサイトの大規模開発に携わり、今はリリース後のフォローを行なっています。具体的には客先(大手総合流通企業)に常駐して、総合ショッピングECサイトのシステムテスト支援を行なっています。業態も多彩で、店舗数も多く、会員数も膨大なサイトであるがゆえに、リリースしたものの使っている中で改修すべき点も次々と生まれ、機能改善や機能追加などの開発が常に動いています。それらを評価するためのテスト環境を準備し、実施する上で関係するベンダーやお客様との調整が、私のミッションです。また、システムテスト実施中のテスターフォローも行なっています。直接何かをつくる仕事ではありませんが、サイトの品質を担保する上で極めて重要な仕事だと思っています。
 また、以前にはiOSアプリの開発にも携わったことがあり、ここでは小中高のレベルに合わせた学習アプリの開発に挑みました。タブレット端末とタッチペンを活用して自宅で学習ができる通信教育プログラムにおけるホーム画面(動きのあるさまざまな問題)のプログラミングおよび試験を担当。 iOSアプリの開発自体が初めてで、毎日悩みながらのトライアルでしたが、商用リリースされて自分のiPhoneで動いているのを見たときの感動は、今でもはっきりと覚えています。


MSEの仕事のおもしろさ
ときに調整役となり、時に潤滑油となり、
時に推進役となってドライブしていくことの面白さ。

サイトの機能ごとのテストでは見つけられなかった不具合を見つけることができたり、システム全体としての動作はどうなのかを判断して問いかけたり…等々、システムテストに携わる今の立場は、システムを俯瞰する視点、そして客観的に冷静に機能を評価する解析力が問われており、それらを発揮してシステムの品質を高め、維持することに大きなやりがいを感じています。開発も面白い仕事ですが、テストというミッションにも独自の面白さがあります。システム開発者をはじめ、サーバーや通信やセキュリティなど基盤系の技術者、IT機器ベンダー、その他さまざまな関係者、そしてお客様やユーザーなど、多数のステークホルダーが関わるシステムテストを統括するのは大変です。ときに調整役となり、時に潤滑油となり、時に推進役となり、そして絶えずテストの動向を見極めながら、複雑に絡む関係者の思惑も受けとめ、それぞれのモチベーションも維持しつつ、ドライブしていく醍醐味が最近わかってきて、仕事がどんどん楽しくなってきています。
ゆくゆくは再び、開発者の立場に戻りたいと思っていますが、今の環境で学べることがきっと将来に役立つ!という確信があり、当面はシステムテストの仕事を極める努力を続けていきたいと思っています。不具合の発見や、その解析や解決というアプローチは、ITエンジニアにとって重要な経験で、ここで学べること、磨けることはたくさんあるのです。

MSEで実現していきたいこと
ITエンジニアとしての生涯キャリアを貫いていく。
これが私の変わらないスタンス。

流通企業にとってオムニチャネルは今後ますます重要になってきます。オムニチャネル成功の鍵はITが握っていると言っても過言ではなく、私たちに寄せられる期待もますます大きくなってきています。私が今、関わっているオムニチャネルやECサイトも、次々と外部の流通企業との提携が進んでおり、システムの規模も会員数も利用機会も拡大の一途を辿っています。ECサイトが生む売上や利益も大きくなり、経営戦略の根幹になりつつあり、そういう意味でこれからは私たちITエンジニアにも経営コンサルのような発想力や提案力が問われてくるのかもしれません。
私の目標は、お客様の経営戦略の根幹となるようなシステムの開発プロジェクトに関わっていくこと。流通系をはじめ、教育系、あるいはサービス系など、消費者により近いところで活用される革新的なシステムづくりに挑戦していけたら、と考えています。
 MSEには子育てと仕事を両立しながら、生き生きと活躍する先輩たちがたくさんいます。私も彼女たちの働き方、生き方をお手本に、ITエンジニアとしての生涯キャリアを貫いていくつもりです。私は文系ですが、今後キャリアを重ねていく中で文系スキルが生きてくるのではないかと感じています。キャリアスタート時は多少苦手意識が先行するかもしれませんが、それは程なく解消されます。というよりコミュニケーション能力だったり、文章力だったり、ユーザーオリエンテッドな視点だったり、文系スキルの優位性を感じる場面も多いのです。現にMSEでは文系出身のプロジェクトリーダーやマネージャーも大勢いて、大活躍しています。そんな彼ら彼女らを見ていると、「私もぜひ!」という意欲が自然にわいてくるのです。生涯キャリアアップ、これが私の変わらないスタンス。これからが楽しみですね。

PEOPLE

仕事と人を知る

職種紹介
私の仕事内容
社員紹介