NTT DATA MSE ロゴ

STAFF

社員紹介

万事、成長につながる
最適な環境のなかで仕事ができることに感謝。
だからこそ全力を尽くす。
2011年入社
システムエンジニア 主任
岩田 奈央子
Naoko Iwata
NAOKO IWATA
私の仕事
タブレットを活用したお留守番サービスのアプリをいつか国民的アプリに!

私は、現在、顧客である通信キャリア様と、留守中の部屋を見守るサービスとして、それを支えるサーバーのアプリケーション開発を行っています。これは、外出中の自宅の様子やペットの様子、あるいは離れた家族の様子をタブレット端末から見守ることができるサービスで、タブレットあるいは専用カメラで撮影した画像がサーバーに送信され、それらを処理するアプリケーションの設計から試験までを担当しています。
顧客から「こんな機能を付加したい!」という要望を受け、どのように実現するかを検討し、仕様を決め、設計からプログラミング、テストを行いつつ、その結果を顧客と共有し、「やっぱりこうしたい!」などの声にも応えながら、完成を目指しています。
また、単純に画像を確認するだけでなく、このアプリケーションから得た情報を集約することで、例えば「この時間帯に動体検知が多かった」などの統計情報をメールで知らせる機能など運用管理サイトのサービスを顧客と一緒になって考え、実際に開発も行っています。
他にもスマートフォンのプッシュ通知機能を活用して、さまざまなお知らせを届ける機能の強化やそして他のアプリケーションとの連動など、活用の幅を広げるための検討や開発も行っています。
今後もユーザーの声に耳を傾けながら、こんな機能がほしい!というニーズに応え、あるいはこんな新機能を追加しよう!というチャレンジも行いながら、たくさんのユーザーに求められる国民的なアプリケーションへ発展させていきたいと考えています。

MSEの仕事の面白さ
モノづくりの手応え、達成感、そしてメディアで取り上げられる喜びと感動。

私はもともと、モノづくりが大好きで、設計・実装に加えて、バグを見つけて、直していくといった改修作業も嫌いではありません。特にバグが発生したときに、自らの知識や経験を元にしてバクのある場所を導き出し、自らの手で改修できたときの達成感はやみつきになりますね。
また、自分が「こうしたいな」「こういう機能があったら良いのにな」という機能がお客様に認められたり、それに基づいて設計をして、最終的にシステムとして動いたときも、非常に大きな達成感があります。
さらに、やりがいという点では、自分が開発に関わったアプリケーションが、メディアで取り上げられ、その記事やニュースを見たときに大きなやりがいを感じます。特にスマートフォンなどの新モデル発表時に、自分が開発したアプリケーションが新サービスとして紹介されるケースもあり、その模様を中継する動画を見たときは、本当に感動しました。
あと、アプリケーションのダウンロード数で、どんどんユーザーが増えていくのが何より嬉しいです。
最近はプロジェクトのなかでも、サブリーダーという役割を担うようになり、後輩を指導する立場になっています。後輩に教えるために、これまでの経験で身につけたスキルを振り返り、スキルの体系化を行っています。そんななかで自らの成長を実感するとともに、おぼろげながらも今後の目標が見えてきました。これからのチャレンジがますます楽しみになっています。

MSEで実現していきたいこと
サーバー側と端末側のアプリケーション開発。その二刀流の開発スキルを磨いて、より大きなプロジェクトを統括できるリーダーへ。

今までは、どちらかというとサーバー側に搭載されるアプリケーションの開発が中心でしたが、今後は、サーバーに接続する情報端末向けのアプリケーション開発にも挑んでいきたいです。サーバー側と情報端末側それぞれの開発を経験し、二刀流とも言える双方の開発スキルを磨きながら、より大きなプロジェクトを統括できるリーダーへと成長していきたいと思います。
また、業務以外の活動の場である“イノベーションタイム”という時間を使って、私は今“アジャイル開発手法”をテーマに新しい開発スタイルを学んでいます。この開発スタイルを行うことで、お客様の要望・答えを待つスタイルから、プロトタイプの試作品などを活用しながらお客様と一緒になってモノづくりを行っていこう!というスタイルが実現できると考え、実際に今の仕事のなかでも、その手法を使って動き始めています。これからは、お客様と一緒にモノづくりをすることで、私たちの発想力や技術力をアピールしながら、先手必勝の開発姿勢を前面に押し出していこうと思っています。
受け身ではない攻めの開発スタイルへ、私たちの果敢な挑戦が始まっています。

PEOPLE

仕事と人を知る

職種紹介
私の仕事内容
社員紹介